• カート
  • ログイン
  • マイページ
  • お気に入り
商品コード:
4991618127226

【新】日本の傑作車シリーズ Vol.4 初代サバンナRX-7のすべて

販売価格
1,980円 (税込)
メーカー:
三栄
紙版刊行日:2015.01.13

※電子版のページデータとなります。復刻版の場合、広告ページなどは一部差し替えられております。
数量:

内容

【技術者の執念で築き上げたロータリーの花ここに咲く】

こちらは歴史に残る傑作車シリーズともいえるもので、日本の歴史的な1台を過去のモーターファン誌の豊富な資料のなかから紹介するものです。
可能であれば当時の技術者へも追取材をかけ、当時ではきくことのできなかった秘話も展開しています。
この雑誌のコンセプトは、ニューモデル速報・すべてシリーズのタイムスリップ版ともいえるものです。ニューモデル速報は1981年の「トヨタソアラのすべて」から展開されていますが、それをもっと前のクルマにまで遡って刊行しようという試みです。今回の「初代サバンナRX-7のすべて」は第4号となっているのです。

■脱排ガス時代のフラッグシップ
サバンナRX-7とはまさに驚異的なクルマでした。排ガス規制で弱ってしまった日本車のなかで、やっとパワーを取り戻した1台だったのです。クルマの走る楽しさを蘇らせた1台だったといってもいいでしょう。その最大の特徴は、やはりコンパクトなロータリーエンジンを搭載することです。スペースを極限まで突き詰めることで、実にコンパクトなスポーツカーが誕生したのです。


■ポルシェものまね疑惑?
初代サバンナRX-7には、その誕生以前にポルシェ924が登場しており、そのものまねぶりが指摘されたりもしました。その真相はどうだったのでしょうか? 過去のデータを集めながら、そのあたりも検証してみました。また、現代の目で使い勝手も徹底検証。割り切りのよい、そのパッケージを再確認してみましょう。

目次

70〜80年代をゆくマツダテクノロジー決定打
ロータリーを活かしたロー・シルエット・クーペ
フォトギャラリー THE RX-7 with A CALM
トータル解説 初代サバンナRX-7
アウトライン・オブ・サバンナRX-7 SA22C
モーターファン・試乗レポート読み解き
サバンナRX-7とライバルたち
激走! ハイウェイフィーバー 盛岡─三次1400km
モーターファン・ロードテストに見る実力
デザイン解説・924とは異なる志を見た
使い勝手徹底チェック2015
開発のドラマ・ヒット商品が生まれるまで
メカニズム解説
初代サバンナRX-7の変遷を追う
プレゼントコーナー
初代サバンナRX-7・1978(昭和53)年3月版・カタログダイジェスト

三栄WEB-SHOP/

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
ログイン
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

復刻堂の次回受注締切は
8月16日10時です

商品のお届けは締切日の
1ヶ月前後となります。
予めご了承ください。